弁護士けやき総合

交通事故に遭ったら、まず警察に連絡をしてください。

人身事故の場合はもちろん、軽い物損事故(ちょっとした接触、追突など)であっても、必ず、すぐに警察に届け出てください。

警察に届け出ないと、「交通事故証明書」が発行されません。この「交通事故証明書」がないと、保険金が支払われない場合がありますし、裁判などになった時に、そもそも事故が起きたことの証明が出来なくなってしまいます。

もし相手が「急いでいるから」「後で必ず支払うから」などと言ってきても、必ず警察に連絡してください

けやき総合法律事務所(千葉市)では、初回30分無料相談を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン

保険会社にもすぐに連絡を!

あなたが任意保険に加入している場合は(もちろん、万が一に備えて必ず加入するようにしてください。)、その保険会社にも必ず連絡をしてください。代理店を通じて加入している場合は、その代理店への連絡でも構いません。
夜間や休日の事故の場合も、保険会社のコールセンターに必ず連絡を入れましょう。

すみやかに連絡を入れておくことで、保険金の支払い等もスムーズに行われますし、相手との示談交渉も保険会社が行ってくれる場合があります。

少しでも不安な時は病院へ!

事故の時は怪我や痛みがなくても、後から首や腰が痛くなったりしびれが出たりすることもあります。
そのような時は、早めに病院に行って診察を受けましょう
診察の際には、事故の状況をきちんと医師に説明してください。

痛みをしばらく放っておくと、症状がひどくなるだけでなく、交通事故との因果関係(その痛みや怪我が交通事故によるものであること)を証明することが難しくなり、相手や保険会社から治療費を支払ってもらえない場合もあります。

困ったことがあれば、早めに弁護士に相談を!

交通事故に遭って怪我をした場合には、入院や通院で治療をしてつらい思いをしながら、自分の保険会社や相手の保険会社の担当者と話をしたり、警察から事情を聞かれたり、場合によっては相手本人が乗り込んで来て話をしたりと、さまざまなことへの対応を迫られます。
初めての経験であれば、何をどうしていいか分からず、パニック状態になってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、早めに弁護士にご相談ください

適切なアドバイスを行い、必要であれば委任を受けて代理人となり、相手保険会社などとの面倒な交渉をお引き受けします。

けやき総合法律事務所(千葉市)では、初回30分無料相談を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン

交通事故関連ページ

交通事故トップ
交通事故問題を弁護士に依頼するメリット
交通事故の解決までの流れ
交通事故の弁護士費用
交通事故の慰謝料について
交通事故に遭った場合の対応
交通事故被害者の損害賠償請求
交通事故の後遺障害認定と手続き
交通事故の弁護士費用特約
物損事故、交通事故の加害者の方へ