刑事事件

刑事手続においては、警察や検察といった国家機関が相手となるため、一個人で対応することは困難です。

また、えん罪の可能性があれば、真実発見のための活動や不服申立の手続を行う必要がありますし、事実に争いがない事件であれば、少しでも軽く適正な刑が科されるよう活動を行う必要があります。

これらの活動や手続を行うには、その専門家である弁護人を選任することが必要不可欠となります。

当事務所では、刑事手続に精通し経験も豊富な弁護士が私選弁護人としてご依頼を受け、迅速で適切な弁護活動を行っていきます。

けやき総合法律事務所(千葉県千葉市)では、初回30分無料相談を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン


刑事事件関連ページ

刑事事件トップページ
刑事手続の流れ
逮捕されてしまったら
示談の必要性
身柄釈放に向けた活動
起訴されてしまったら
裁判員裁判について
犯罪の被害に遭われたら
告訴をしたいとき

お問い合わせ
 

このページの先頭へ