弁護士徳吉完

詐欺被害にあって何百万円もだまし取られた、会社のお金を従業員に横領されたといった場合、告訴を行うことが考えられます。

しかし、刑事事件として立件してもらうためには、ある程度捜査機関を動かすだけの証拠をそろえ、それに基づいて告訴状を作成し、その上で受理をしてもらうために何度も警察署等に足を運ぶ必要があります。

告訴に関しては、犯罪を構成する要件は何か、犯罪が成立するためにはどのような証拠が必要かを理解して行う必要があり、そのためには法律の専門家である弁護士に依頼した方が捜査機関との折衝を行う上でもスムーズに進むと思われます。

当事務所には、過去にネット小説をめぐる全国初の事件で告訴の手続を担当した弁護士もおりますので、経験と実績に基づいた対応が可能です。

けやき総合法律事務所(千葉市)では、初回30分無料相談を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン

刑事事件関連ページ

刑事事件トップページ
刑事手続の流れ
逮捕されてしまったら
示談の必要性
身柄釈放に向けた活動
起訴されてしまったら
裁判員裁判について
犯罪の被害に遭われたら
告訴をしたいとき